猟虎塔

Biography

LACCO TOWER

重田雅俊

Drum

塩崎啓示

Bass

松川ケイスケ

Vocal

細川大介

Guitar

真一ジェット

Keyboards

叙情的なリリック、パワフルなドラミング、空を切り裂く轟音ギター、縦横無尽にグルーヴするベース、幻想と狂奏が入り交じるピアノライン、どこか懐かしい印象のメロディがフロアを大きく揺り動かす。叙情的な詩世界とは裏腹な激情その物のとんでもないライブパフォーマンスで全国各地で暴れ回る狂想演奏家。

2017

3月:日本コロムビアよりMini Album「薔薇色ノ怪人」をリリース(TRIAD)。
        Mini Album「薔薇色ノ怪人」収録曲『桜桃』が、SUBARU 100周年記念特別番組「星団 遙かなり」の主題歌に決定。
        I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER【新故郷編】開催。
4月:I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER開催。
6月:バンド史上初の外部プロデューサー、亀田誠治氏とのコラボレーション楽曲「遥」を発表。
        Major 3rd Album「遥」より「遥」が、フジテレビ系TVアニメ「ドラゴンボール超」エンディング主題歌に決定。
8月:Major 3rd Album「遥」より「火花」が、「ザスパクサツ群馬 2017 公式応援ソング」に決定。

2016

1月:Major 1st Single「薄紅」が、フジテレビ系TVアニメ「ドラゴンボール超」エンディング主題歌に決定。
2月:日本コロムビアよりMajor 1st Single「薄紅」をリリース(TRIAD)。
        渋谷TSUTAYA O-EAST、大阪Music Club JANUSにてワンマンライブ【独奏演奏会】開催。
3月:名古屋、仙台、盛岡にて、I ROCKS 2016【遠征編】開催。
4月:Major 2nd Album「心臓文庫」の収録曲『秘密』が、映画「劇場版 新・ミナミの帝王」の主題歌に決定。
        「ARABAKI ROCK FEST.16」出演。
        I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER【超故郷編】開催。
5月:I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER【盟友編】開催。
        福岡、名古屋、大阪にて【未来演奏会】開催。
6月:日本コロムビアよりMajor 2nd Album「心臓文庫」をリリース(TRIAD)。
        Major 2nd Album「心臓文庫」の収録曲『相思相逢』が、ハウステンボス「夏の光の王国」CMソングに決定。
7月:恵比寿LIQUIDROOMにて、Major 2nd Album「心臓文庫」リリースツアー“心造旅行”ワンマン【独奏演奏会】開催。
9月:「いしがきMUSIC FESTIVAL 2016」出演。
11月:品川ステラボールにて、Major 2nd Album「心臓文庫」リリースツアー“心造旅行”ファイナルを開催。

2015

2月:渋谷TSUTAYA O-Crest、高崎clubFLEEZにて松川ケイスケと真一ジェットによるアコースティックワンマン「独想演奏会」開催。
4月:I ROCKS 2015 stand by LACCO TOWER 【故郷編】、 【盟友編】二日間開催。
6月:日本コロムビアよりMajor 1st Album「非幸福論」をリリース(TRIAD)
7月:福岡、大阪、名古屋、東京にてワンマンツアー感幸旅行【独奏演奏会~「非幸福論」発売記念~】開催。
10月:高崎club FLEEZにてツアーファイナルワンマン2days開催。
          ライブDVD「感幸旅行記」をリリース(I Rocks)

2014

1月:ライブDVD「続・傷心旅行記」をリリース(I Rocks)
5月:群馬音楽センターにて自ら主催となりロックフェス開催。『I ROCKS 2014 stand by LACCO TOWER』初日は【兄弟編】と題しback numberと2マン。
6月:『I ROCKS 2014 stand by LACCO TOWER』【盟友編】【故郷編】開催。
7月 :4th Full Album「狂想演奏家」をリリース(I Rocks)恵比寿LIQUIDROOMにて【独想演奏会】開催。
10月:高崎club FLEEZにてツアーファイナルワンマン2days開催。
12月:ライブDVD「狂想旅行記」をリリース(I Rocks)

2013

1月:ライブDVD「心懇旅行」ファイナルワンマンライブ ~LACCO TOWER 10th Anniversary~をリリース(ItabashirockS)
3月:Ba.塩崎が代表取締役となり株式会社アイロックス設立。メンバー自ら所属し運営。
6月:Gt.細川が正式メンバーとして加入。仙名阪ワンマンツアー【独想演奏会】開催。
7月:4th Mini Album「続・短編傷説」をリリース(I Rocks)恵比寿LIQUIDROOMにて 【独想演奏会~東京編~】開催。
9月:GUNMA ROCKS FESTIVAL2013出演。
10月:高崎club FLEEZにてツアーファイナルワンマンライブ開催。

2012

5月:3rd Full Album「心枯論」をリリース(ItabashirockS)
7月:渋谷CLUB QUATTROにて「心懇旅行」 ファイナルワンマンライブ~LACCO TOWER 10th Anniversary~開催。
        同日深夜、渋谷CYCLONEにてLACCO TOWER10周年スペシャル企画「復活!!オフェンス銃士」開催。この日をもって堀内(Gt.)が脱退。
9月:高崎club FLEEZにてワンマンライブ【独想演奏会“新章”】開催。
10月:東京キネマ倶楽部にて【狂想演奏会~第六楽章~】開催。

2011

6月:渋谷CYCLONEにて【狂想演奏会~第四楽章~】開催。
7月:渋谷CYCLONEにてLACCO TOWER presents「TOWER OF ASSIMILATION vol.6、7」~LACCO TOWER 9th Anniversary~開催。2days計10バンド出演。
9月:渋谷O-WESTにて【狂想演奏会~第五楽章~】開催。

2010

4月:新イベント【狂想演奏会】三ヶ月連続開催。
6月:e.p Single「如何せん涙はこぼれるもので」をリリース(ItabashirockS)
10月:2nd Full Album「解体心書」をリリース(ItabashirockS)
11月:新宿LOFTにてツアーファイナルワンマンライブ開催。

2009

2月:V.A「Melodizm」参加(TOORIGHT!!RECORDS)
5月:Single「未来後夜」をリリース(TOORIGHT!!RECORDS)真一ジェット(Key.)が正式メンバーとして加入。
7月:New Album「短編傷説」をリリース(TOORIGHT!!RECORDS)
9月:いしがきMUSIC FESTIVAL'09出演。
        COLOSSEUM vol.002出演。
10月:下北沢SHELTERにてツアーファイナルワンマンライブ開催。

2008

1月:Gt.堀内(ex.SUNSETFLIP)が正式メンバー、Key.真一ジェット(ex.鳥肌ジェット55)がサポートとして加入。
2月:LACCO TOWER TOUR 2008『白』東名阪ツアーを決行。
3月:群馬県内5ヶ所にて、5週連続企画『THE ASSIMILATION』開催。
6月:「いしがきMUSIC FESTIVAL'08」出演。
9月:COLOSSEUM vol.001出演。

2007

1月:全国68ヶ所のツアーを経て、渋谷O-WESTにてツアーファイナルワンマンライブ開催。
5月:渋谷BOXXにて新イベント『TOWER OF ASSIMILATION』を開催。
6月:藤生(Gt.)がメンバーを脱退。レーベルを離れ、制作活動期間へ。
10月:制作活動期間を経て、渋谷O-EASTにて復活ライブを行う。

2006

4月:渋谷egg-manにて初のワンマンライブ『掌』を開催。
6月:映画「タイヨウのうた」(YUI×塚本高志主演)でストリート役でYUIと共演。
7月:1st Full Album「ハネビラ」をリリース(slowly and growly)
9月:高崎club FLEEZにてワンマンライブ「紫陽花」を開催。

2005

4月:FM TARO(FM76.7MHz)にて、「LACCO TOWERのCRASHTHE RADIO!!」スタート。
6月:Concept Single「雨 手紙 車窓」をリリース(slowly and growly)
10月:「TAKASAKI ROCK FESTIVAL'05」出演。

2004

8月:2nd Mini Album「夕凪」をリリース(LONGLIFE? RECORDS)

2003

6月:1st Mini Album「此処」をリリース(LONGLIFE? RECORDS)
8月:前橋club FLEEZにて初企画『W BRIDGE ASSIMILATION』を開催。

2002

3月:前身バンドでの活動に終止符を打つ。
7月:渋谷CYCLONEにてLACCO TOWER初ライブ。この日をLACCO TOWERの結成日とする。

2001

群馬県伊勢崎市出身の塩崎(Ba.)、重田(Dr.)、藤生(Gt.)と兵庫県神戸市出身の松川(Vo.)の四人は各々音楽の為に上京。前身となるバンドを結成。Zepp Tokyoにて初ライブ。